2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


忍者型神姫 ミズキ弐型です。
ドロンッ!

ミズキ弐型ですよー。
肌色がここまで少ない素体の神姫もなんだか久しぶりな気がしますね。
だいたい胸元やフトモモあたり肌色になってるエロティカルな神姫が多い中、珍しく露出少ない子ですね。
白いボディに赤い髪が映えます。
ぱっつん可愛く見えてきた頃にハマッたキャラですね。
普通にかわいいですけど。

レーネさん「ディーフェン!ディーフェン!」

どきなさい

レーネさん「わぁぁぁん!」

なんですかその格好は。

レーネさん「最近机の上にほったらかしてて、化けて出てやるのです。覚悟するといいのです。」

放置されててヘソ曲げてたんですね。
じゃあ1枚だけ撮ってあげましょう。

パシャリ

さて、ミズキさんの写真に戻ります。

フル装備
翼のようなリアユニットが目を引きます。
かっこいいですね。
ところどころに施されてるゴールドのラインがまた、派手すぎず控えすぎずでいいカンジの高級感をかもし出しています。

ツインダガー!
さっきの弓のパーツの一部を取り外して、シザーエッジ(説明書にこう書いてあったんだよ)として使用できます。

ここから蹴りを入れて浮かせたあとに空中コンボにつなぐわけですな。

後ろのおさげがいいカンジに仕事してますよね。
なんかこう勢いついてる感じが出やすいじゃないですか、こういうパーツ。

長弓
大振りながらも、構成パーツ数は少な目で、大きなパーツも使用しないので重量も軽め。
ハズレ引かなきゃ普通に保持できると思います。

必殺必中!ライジングアロー!

上のをちょっと前から撮ってみたらなんかとってもかっこよかったので。

シザーエッジ
どうもこういうことらしい。
弓からハサミになるんですね。

あれ?鎌使わないの?

ミズキさん「ぷいっ」

どうもウチのミズキさんは鎌が嫌いなようです。

というわけでミズキ弐型でした。
やはり全体的にシンプルに構成されていて、可動域が広いです。
後ろの羽はいくつものパーツからなっているので、1つ1つバラしてみて、組み替えて大型手裏剣なんかにしてみても面白いかもしれませんね。
忍者らしく隠し武装形態がいっぱいある・・・みたいな感覚で、ヘンテコな武器をいっぱい作ってみてはどうでしょう。
デザイナーがフミカネに変わったこともあり、本当に忍者っぽかった初代に比べ、メカ忍者になったこともあり、割と賛否両論分かれているみたいですが、僕は好きですね。
まだコナミスタイルには在庫がありますし、気になる方はまだまだ購入チャンスありです。
とりあえず武装神姫にさわりで入門するにも、程よいボリュームではないでしょうか。

ちょっ、ちょっ、ちょっ!
あにしてンスカ!

おわり

スポンサーサイト

  • 12:30
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

comment









trackback