2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「画像は『PHANTASY STAR ONLINE 2』キャラクタークリエイト体験版において撮影された実機画像です。」
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
登場人物
ツェータさん キャストレンジャー
ファラド君 ビーストブレイバー
セラさん デューマンフォース

「まだ続くのこのシリーズ?」 

「転生ポイントの振り方かぁ。」

「うん、まぁ確かに最終的な完成像は同じでも、闇雲にふっても強くならないし、効率のいいふり方すれば早くから楽に戦えるようになるし、そこそこ重要なポイントではあるかもね。」

「まぁ、そうよなぁ。あんまり入れる必要もないパラメータあげても仕方ないもんな。」

「皆がとか書いてあるけどメンドイからセラにおまかせ。」

「ぇえ!?」

「今現在進行形で鍛錬中だからその辺の経験を元に話せばいいんじゃないか?」

「うう・・・仕方ないなぁ。じゃあ、また私が解説役やるからよろしく。」

「ぱちぱちぱち」

「えーっと、まず転生で強化できるパラメータはHP、PP、基本攻撃力、基本防御力、基本命中力、基本回避力、基本法撃力、基本精神力、基本持久力。これら全部を10段階まで強化するには、3080pの転生ポイントが必要ね。」

200レベル転生で得られる転生ポイントが600pだから、5回と80p分・・・かなり長い道のりになるな。」

「そうね、200レベルまで上げるのも大変だし、それを5回も繰り返すなんて気が遠くなって折れちゃうわよね。でも、実は切り捨てても大丈夫な項目もあるから、必ずしも3080p入れないといけないなんて決まりはないわよ。」

「例えば?」

「そうね、種族やタイプとの相談にもなるけど、まずだいたいの場合において、回避は切ってしまってかまわないと言えるわね。」

「ほう?」

「だいたいの場合において、回避はいくら上げてもインフィニティランクの敵の攻撃を避けることはできないのよね。余程回避値に特化できる種族、タイプの組み合わせでもない限りは、この項目にポイントを入れるのだけは避けたいわね。回避にふる価値のあるのは、ビーストブレイバーとニューマンブレイバーくらいよポイントをふる場合も、必ず後回しにすること。上昇量が少なく、数段階上げただけじゃ全く恩恵を感じられない上、回避は必要ポイントがとても多い項目だから、無理に上げちゃうと、他の必須パラメータの上昇の妨げになるわよ。」

「他に捨てれるパラメータってないの?」

「もちろんあるわよ。もう一つが持久力。」

「え、捨てていいのかそれ。状態異常の対策って重要なんじゃ・・・?」

「そうね、確かに状態異常の対策は重要だわ。でも、本当に危険な状態異常って、どうやって対策してる?」

「シールドラインにユニットをセット・・・あ!」

「そうね、ユニットかアビリティで完全にシャットアウトしちゃうでしょ。だから、結果的に振ったポイントってだいたい無駄になっちゃうのよ。」

「麻痺、睡眠、凍結、混乱、感電辺りはだいたいユニット+アビリティで封殺するもんな。」

「残りの燃焼、毒、感染はどうってことないし、ジェルン、ザルアはシフタ、デバンドで上書きできるし。」

「そうやって考えてみるとどう?その2つのパラメータ切るだけで、必要ポイントが2495pまで落ちたわよ。」

「おお、200レベルでの転生を1回諦めても大丈夫な数字になった!」

「あとは、1キャラにつき1つのタイプのみを専門にするなら、まだ切ってもいい項目が出てくるわよ。例えば、ハンターやレンジャーなんかは、レスタの回復量とかほんの少しのシフタ、デバンドの性能向上を視野に入れなければ、法撃を切ってしまってもいいわ。その場合はさらに必要ポイントが落ちて合計2070p。およそ3分の2くらいの数字で済むようになったわね。」

「フォースも、近接攻撃を全く行わないと割り切ると、攻撃を切ってもいいことになるから、その場合も合計で2070pで済むね。」

「そうね。ただし、攻撃、法撃、命中はブラストの威力計算式に入ってたりするから、その辺も重視するとなると切れなかったりするけど、そういうパラメータも極力後回しにする等の手を打つことで、必要なパラメータを先に上昇させていけるから、結果的に高難易度に早くから挑めるようになるし、敵の撃破効率が上がれば当然経験値の回収率もよくなって、育成速度も速くなるわよ。あと、PPも別に上げる必要がないと感じたら無理に上げなくてもいいわよ。私としては、入れたら入れただけ勝手がよくなるから、切らないことを推奨するけど。」

「逆にまず欲しいのはなんだ?」

「まずはダメージを底上げできるパラメータがいいわね。ハンター、ブレイバーなら攻撃、レンジャーは攻撃+命中、フォースなら法撃。最初にこの辺をいくらか振り込んでおくと、敵の撃破率がよくなって、楽に経験値が稼げるようになるよ。そして、防御と精神は、上昇に必要なポイントが少なく設定されているから、どんどんふっていきましょう。高難易度に挑むには、敵に通用する攻撃力と生存率が不可欠よ。」

「自分のメインにしてるタイプの火力アップに必要なパラメータと、防御、精神、余裕見てHPってところか。」

「そうね。私も今転生ポイント790pくらいしか使ってないけど、法撃、防御、精神は8段階まで上がったし、HPも4段階上がってるから、今回はレベルさえ上がっちゃえばもう∞ランクにいけそうよ。あ、注意して欲しいのは、1度に同じ項目を上げすぎると、1つのパラメータしか上げれずにポイントがなくなっちゃうから、1つのパラメータにガンふりするのは避けた方がいいわよ。1段階上げるごとに、次の必要ポイントが上がっていく仕様のせいね。」

「転生タイミングっていい時あるの?」

「そこは正直、もう好みね。低レベル転生を何度もも繰り返す人もいれば、200レベル転生数回でやる人もいるし。ここは、自分のモチベーションが続く所でいいんじゃないかしら。」

「高レベル帯で、経験値稼ぎながら物掘るっていう手もあるよね。」

「そうね。自分のプレイスタイルに合わせて調節してほしいところだわ。」

「というわけだ皆。効率よく転生して、早くに∞ランク入りして、一緒に強力な武器を集めようぜ!」

「・・・なんでアンタがキレイにまとめてんだよ。」

「早くに皆で∞ランクに挑めるようになると、きっと熱いぞ?」

「そうそう。なにせこのゲーム、∞ランクが本番と言ってもいいくらいだしね。」

「・・・ファラドが締めたのがなんか気に入らない。」

「えぇ・・・。」

おわり

スポンサーサイト

  • 20:58
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

comment

わかりやすく良い講座だった!
こう見ると以外と転生必須ポイントは然程多くないな。

ただ、近接メインの人間から言わせると、ハンター・ブレイバーもレンジャーと同じく近接+命中で振らんとしんどくなる感じがあるな。命中力の関係で(種族にもよるが)。

近接とレンジャーで攻撃・命中へのポイント優先比重が逆になるという考えが適切だと思うんだがどうだろう。

  • 飛鳥
  • 2012/04/24 12:05 AM

×近接+命中
○攻撃+命中

  • 飛鳥
  • 2012/04/24 12:06 AM

うん、まったくもってその通りですんな。
命中の項目も最重要であるはずなのに、見返したらなにも触れてなくてしぼんぬ。

皆さん、命中大事です命中!

  • しまも
  • 2012/04/24 11:21 AM









trackback